3.アストロスケール社

ASTROSCALEイメージ

アストロスケール社は、スペースデブリ観測衛星を世界で初めて打ち上げる計画をしている宇宙ベンチャー企業です。より持続性のある宇宙開発のためにスペースデブリ問題に取り組む宇宙事業を展開しています。目指す壮大なミッション“スペースデブリ除去”は容易ではありませんが、技術力と民間企業がもたらすスピード感で宇宙業界に旋風を巻き起こしています。

会社概要

日本 R&D 拠点

社名
株式会社アストロスケール (英語名 Astroscale Japan Inc.)
設立
2015年2月
所在地
〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-17-2
事業内容
小型衛星の開発・製造、宇宙環境テスト
代表者
伊藤美樹(代表取締役社長)
岡田光信(代表取締役)
HP
astroscale.com

シンガポール本社

社名
ASTROSCALE PTE. LTD.
設立
2013年5月
所在地
6 Battery Road, #38-04 Singapore, 049909
事業内容
宇宙ゴミ(スペースデブリ)除去に関するサービス及びその他の宇宙事業
代表者
岡田光信 (CEO)
アストロスケールの由来

「アストロ」とは、ギリシア語語源に遡る「宇宙」。「スケール」とは、はかり天秤いわゆる「正義の象徴」を意味しています。つまり「宇宙規模で正義と秩序を背負っている社会」として、次世代が持続的に宇宙開発に取り組めるように社会に貢献する存在でありたい、というメッセージが込められています。